リーダーズカードでガソリン代を払うとお得?

公開日:2013/05/19 更新日:2018/03/18

リーダーズカードは通常還元率1.257%。
コンビニ、スーパー、ドラッグストア、デパート、ネットショップなど、どんな場面でも高還元率カードとして活躍してくれるクレジットカードです。

ところで、ガソリン代を支払うのにリーダーズカードを利用するのは、果たしてお得なのでしょうか?

041038

まず、ガソリン代が現金の場合とクレジットカードの場合で1リットルあたり同じ金額とすると、当たり前ですが、現金で支払う場合よりもリーダーズカード払いにした方がお得です。現金と同じ金額をリーダーズカードで一括払いにすれば、1.257%の現金値引きポイントを獲得出来るので、1.257%分のガソリン代がお得になるわけですね。

例えば、

ガソリン代:1リッター=150円として、40リットルを入れるとすると

・現金だと、150円☓40L=6,000円

・リーダーズカードだと、6,000円☓1.257%=75円が現金値引きポイント分、つまりガソリン代は、
6,000円ー75円=5,925円
75円お得になります^^

 

但し、ガソリンスタンドが発行しているクレジットカードは、ガソリン代を特別値引きをしているものもあります。具体的には、出光カードとか、エネオスカードとかですね。そういったガソリンスタンド提携クレジットカードは、1リットルにつき3円引きなどがあるので、リーダーズカードといえども、お得感は負けてしまう可能性がああります。

 

ですから、「通常の買い物はこのクレジットカードで、ガソリンスタンドだと、ガソリン提携クレジットカードで。」みたいな使い分けが面倒でなければ、ガソリン提携カードを持つのも良いですね。

私みたいにクレジットカードの使い分けが面倒ならば、リーダーズカードをメインカードとして使えば、ガソリンも含めて、還元ポイントがじゃんじゃん貯まります。

 

クレジットカードを用途に合わせて沢山もつと、カード入れがかさばるし、ポイントが分散してしまって、結局は還元できないなんてこともありますからね。リーダーズカードをメインカードとして利用する中で、ガソリン代も支払えば、1.257%の現金値引きポイントが貯まりやすくなります。

コメントは受け付けていません。